P.R.Iパタヤ総合研究所

タイのリゾートパタヤの総合情報サイト。ブログ記事がメインです。

*

確実に見えるパタヤ復活の兆し

   

「やっぱりダメか・・・」

「VISAがいるに決まってるぢゃないの!」と窓口のおばちゃんに冷たく断られ、軽〜く凹む。イマドキの若者風に言えば(ワンチャンいけるか?)と思って一応チャレンジしてみたのだけれど、案の定ダメだった。世の中そんなに甘くないのだ。もちろん。

今回の目的の一つであるバイク&自動車運転免許更新については、どうやら叶いそうにない。ラオスまで観光ヴィザを取りに行こうか?と一瞬考えたけれど、まあ次回でいいような気がする。最悪の場合は免許の試験を受け直せばいいし。

というワケで、ようやく初投稿だ。

4/29のタイ入国からアッという間に二週間経ってしまったが、楽しいばかりの時にはどーにも書く気が起こらないブログも、気持ちが落ちると少し頼りたくなるのは今まで通り。つまり精神の均衡を保つという目的以外に私のモティヴェーションはほぼ動かない。

それでもまあ、せっかくパタヤにいるのだから(読者の皆様に何らかの情報を!)という思いは当然あるし、その為にネタを意識したり写真を撮ったりして来たから時間さえあれば記事の二本や三本はすぐに書ける。そう。よーするにそんな暇がない。全く収入にならないボランティアの作業にせっかくの貴重な休暇を使いたくないだけの話である。

さて、前置きはそれくらいにしてとりあえず箇条書きにしてまとめてみよう。

・パタヤの街は色々な意味で確実に復活しつつある。

・閉まっている店舗がたくさんある中で、自分がよく利用していた店はほとんど健在。

・スタッフとしても客としても、タイ人はキチンとマスクを使用している(*ルールを守っている)。

・ATK検査を行う環境が整っており、接客(特に濃厚な)メインの店のスタッフは意識してマメに検査をしている様子(*もちろん店による)。

・フツーに行動していれば、コロナウィルスに対するリスクはそこまで高くない。

・円安、原油高等の理由を除けばコロナ前とコストはあまり変わっていない。

私が今まで過ごした印象からすれば、パタヤは思った以上に復活している。しかしそれはどうやらここ1ヶ月位のことらしく、本当に景気が戻るまでにはまだまだ時間が掛かるに違いない。

だから皆様。どうかパタヤに来て下さい!私も出来る限りのことはします。頑張っていくつか記事も書きます。タイに遊びに来た人達が少しでも楽しく過ごせるよう、有益な情報を伝えられるよう努力しますから。

現場からは以上です。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Comment

  1. KOBAYASHI MOTOMU より:

    7月半ばパタヤの予定です。本当に以前のパタヤの喧騒が欲しいです。

    • izumix65 より:

      コメントありがとうございます。
      最近ではいよいよ賑やかさも以前に近づきつつあるように感じます。
      パタヤは元々西洋人のロングステイヤーが多い街ですし、週末の渋滞から考えても
      バンコクなどからの国内旅行者も増えている様子。
      7月のパタヤツアー、存分にお楽しみくださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

今となっては懐かしいタイポップのあのメロディー

何だ?いったい全体どこまでダサいのだこの国の音楽は!! 娯楽がないこの地で、「せ …

待つのがそれほどイヤだという件に今更気付く

「瞬間湯沸かし器」(知り合いに何人かいる)という程ではないけれどまあ気が短い方で …

毎日毎日なんと平和に過ぎて行くことか

「いったいどーしちゃったの?」というくらい雨が降らないパタヤ。 雨季の到来は「予 …

歯科助手の強引な手の動きに萌える

奥歯に被せてある金属が取れた。 「コレはマズい」と思ったが、冷たい水を飲んでも沁 …

タイランドってどんな国?

当サイト「パタヤ総合研究所」にお越しの皆様。 諸事情によりサイト主である私は現在 …

ただ単に寒がりなだけなのかもしれないにせよ

「帯に短し襷に長し」とはちょっと違うのかな。とにかく、条件にピタリとハマるという …

桁違いのお金持ちはやはりやっていることがスゴかった

現状のヴェトナムにおいてお金持ちとは基本的に元々の大地主、というか地権者が多いと …

何故か突然衝動買いしてしまう服とスニーカー

あ〜あ。また買ってしまった。 すっかり物欲がなくなってから久しいしファッションに …

世界共通のお金の流れの一端を垣間見る

  「何がそんなに可笑しいのよ!」 突き刺すような視線と共に彼女の鋭い …

職場スタッフとうまくやっていくということ

(なんだか変なおっさんが来たなあ) スタッフ全員がそう思ったに違いない。 タイか …