P.R.Iパタヤ総合研究所

タイのリゾートパタヤの総合情報サイト。ブログ記事がメインです。

*

世の中で一番大切なモノ。それはwifi?

   

wifi難民なのである。

今使っているメインのケータイは基本タイ用でSIMはそのまま入れっぱなし。戻ったらすぐに対応できるよう契約している「AIS」に料金を支払い続けている。日本在住時にはアプリやネット専用でLINE、Facebook、Twitter、googlemapなどを主に利用している。日本のキャリアとは契約していない為当然インターネット環境が必要となり、つまりはwifiが飛んでいないと全く役に立たないワケだ。

しかし連絡が取れないと困るのでもう一台ケータイを併用。こちらは電話オンリーで、以前は某softbankのプリペイド式のガラケーを使っていたが、数年前にサービスが廃止となり仕方なく某DoCoMoと(ハード購入費)タダのandroid製スマフォ使用契約を結び毎月1200円ほど払っている(*家族プラン)。スマフォだけどインターネット契約をしていないからSNSは使えずたまに会社から電話がかかってくるだけ。なのに常に持っていなくてはならないという鬱陶しさである。

仕事場ではいずれもwifi環境が整備されており、店や事務所にいれば何も困ることはない。問題は移動中と滞在場所であり、現在日本の拠点である広島の部屋と西ノ島の借家にはwifiが引かれていない為今年に入ってからはポケットwifiを利用していた。「ドンナトキモ」というプロバイダーで「データ容量無制限」がウリである。いや、だった。

そう。ご存知の方もいらっしゃるだろうが、完全無制限のサービスは先月末で終了となってしまったのだ。

「ドンナトキモ」は元々、西ノ島では電波が届きにくいせいかしょっちゅう止まっていたので、エリア的に強いプロバイダーにしようと検討した結果「THE WiFi」に乗り換えた。届いて数日使ってみたところ電波状況は良さそうでランプは4つ光っているし止まることもない。(行けそうかな?)と思ったものの「1日4GB」という制限が心配だった。そして初めての休日になって朝から映画を観ていたら2本目途中でストップ。その後何度もリセットしたけれど一向に改善せずおそらく4GB超えの制限だろう。マヂか!話にならないぞ。

とはいえ他社も大差なく、無制限と謳ってはいても実際は「3日で10GBの以上の利用で通信制限」等があるのだ。休みの日は映画やサッカーを観ることくらいしか楽しみのない私にとってコレはヒジョーに由々しき事態なのであった。

いやいや参ったなあ。広島の部屋と西ノ島の借家に両方wifi契約をするのはコストが掛かり過ぎるし、かと言ってこのままでは使いうちに発狂するのは間違いない。う〜む。いったいどーしたら良いのか。

ちなみに今は西ノ島滞在三週間目。ヴェトナム人3人を送り込んだにも関わらず相変わらずの人手不足であり、ヘルプで入っている私もついに腰痛が再発し治まる気配がない。飲食店の仕事など腰にいいはずがないのだから当たり前であるとしてもこのままではマズい。年末にかけて益々忙しくなるというのに……。

思えば沖縄で笹の植木鉢を運んだ時、「キリッ」と痛みが走ったのが始まりだった。腰痛持ちの私としては普段から重いものを持つ時は気を付けていたのだけれど、背が高い笹の植木鉢は持ち辛くついつい変な体勢になってしまったのだ。

今現在もまっすぐに立てないほどヒドい状態。

試練の時が訪れているのは間違いないようだ。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

知り合いの突然の訃報について

ひょっとしたらそんな必要はないのかもしれないけれど、少し責任を感じてしまう。 S …

「夜型」の「怠け者」にはピッタリの街

十二月に入っていよいよ街も賑やかになってきた。常夏の国に居ると気付かないが世界的 …

恐ろしく忙しい日々がやってくる

日本人の皆様がご来社いただく一方で、ヴェトナム人の皆様方も毎日毎日ひっきりなしに …

そもそも高級リゾートに相応しい人間かどうかが問題なのだ(後編)

ところで、プーケットは暑かった。 今、パタヤの夜はかなり涼しくて寝る時は(薄っぺ …

(正真正銘!)パタヤで起こったいくつかの出来事

「<パタヤ総研>とは名ばかりで最近はちっともパタヤの情報がないではないか!?どな …

「クラブ」での「ウィスキイボトルキープシステム」はタイの文化遺産となり得るか

さて、続きである。 某「Hollywood」は、パタヤに遊びに来ていた頃によく利 …

世の中には避けなくてはならない質問があるのだ

「妊婦さんだったのか!」 ドンムアン空港のチェックイン待ちで後ろに並んでいたニッ …

可愛小姐萌踊投稿動画日泰台対決

「ラッスンゴレライ」のコピイ動画投稿がどうやら流行っているようで、チェックしてみ …

それは決してエロい意味ではなく、夢にまで見た様々なピンク達

頭の中がピンクで一杯なのだ。 と言っても決してエロい意味ではなく、純粋に色のピン …

6種類の声調と11種類の母音の組み合わせが天文学的数字に思える件

「???」 「私はニッポン人です(トイランゴーイニャットゥ)」と、とりあえず挨拶 …