P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

外食と自炊ではどちらがお得か?を検証中に気付いたこと

   

随分前に買ったパスタの袋が開けっ放しになっていて、保存容器もないし(早く残りを食べてしまわねば)と思っていたのだが、ニンニクをみじん切りにする仕込みがけっこう面倒だし日保ちもしないし、そもそもニンニクは一片二片買えるようなモノではなくネットにたくさん入って売っているので、たかが三食分のパスタの為にそんなに大量に買うワケにもいかずどーしたものかと困っていた。

(まあ、ローカル食堂に行った時にでもひとカケラもらって来よう)と思っていた矢先、タイスキレストラン某「MK」にて素晴らしいモノを発見したのである。

そう。ナムチム(タレ)に入れる薬味の刻みニンニクこそ私が求めていたそのモノズバリであった。

「コレはいいぞ!」とまず全部タレの中に入れお替わりを注文。脇に置いてあったBigCの袋の中に皿ごと潜ませて持って帰って来てしまった。
一人にも関わらずちょくちょく利用するしメンバーカードも持っているのだからこれくらい良いではないか、というのは勝手な言い分であり単なる泥棒だ。もちろん皿は次回行った時に返すとしてもね。

で、無事パスタが完成した。大量に作り置きしてある為かにんにくの風味は今ひとつだった気がするが、まあないよりは全然マシだった。

イワシとキャベツとブラックオリーヴのリングイネトマトソース。盛りつけが下手なので写真で見るとあまりウマそうではないが実際はとてもおいしくいただいた。

パスタが11THB、イワシの缶詰15THB、トマトホール缶30THBの1/3で10THB、ブラックオリーヴ2THB、キャベツは3THB、タップリかけたパルメザンチーズも3THBくらいか。オリーブオイルも3THBとしてあとは塩胡椒が1THBといったところか。ニンニクと青唐辛子はタダだから〆て原価は48THB。うむ。案外安いなあ。
これをレストランで食べるとしたら少なくとも200THBは取られるだろう。もちろん某「SANTA FE」(ステーキハウス)で出てくるようなインチキパスタではなくアルデンテだとすればの話だが。そう考えると、具材や量も思いのままだし、パスタに関してはやはり家で作った方がいいかな。

今後タイで暮らして行く上に於いて、「外食と自炊とではどちらがお得か?」という検証をしているが、これはなかなか難しいテーマである。しかも、本格的自炊ではなく私のようにサラダや総菜などを買って来て皿に盛るだけでは案外高くつくからね。

基本一日一食。あとはヨーグルトやフルーツやお菓子などの間食で済ませる私の場合、比較的ヴォリュームのある食事を外で一回するのが効率良く思えるが、果たしてどーだろうか。

あとは、外食する場合はなるべくなら家では作れない(もしくは大変な)料理が良い。例えばガイヤーンとかピザとかプーパッポンカリーとか。
パスタみたいに簡単にできるモノが食べたくなった時は自分で作るのだ。小麦粉は危険だから滅多に食べられないとしてもね。

そして、どーしてもパスタが食べたくなったならば、その前に一度

タイスキを食べなくてはならないというルールが決まったのである。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

タイの十分の一という驚きの価格なのだった

70000VNDってことは…350円??マヂで?安っ!! いったい何 …

国歌が流れれば老若男女問わず直立不動なのだ

暑い。暑いぞ。 涼しかったのはほんの束の間で、また暑さが戻って来た。寒い国からの …

ホコリとPM2.5と泥と闘い続けた三週間

ハノイに来て三週間が経った。 少しづつではあるがこの街に慣れて来たし、なんとな〜 …

キッカケはいつもほんのちょっとしたこと

「なんて騒々しい街だ」 オープンエアのバーから流れる音のうねり。某「ウォーキング …

北から南へ(パタヤ引っ越し物語)

「水シャワーかよ!」 まだ内装工事が完全に終わっていないのに、前のアパートを追い …

それは決してエロい意味ではなく、夢にまで見た様々なピンク達

頭の中がピンクで一杯なのだ。 と言っても決してエロい意味ではなく、純粋に色のピン …

イタリアの電化製品が全て火を噴くとは限らないにせよ

「マイチャンペンカー(32222232、必要ないです)」 いやいやいやいや。それ …

女子大生からのキツい指導に萌えるM心

「やることないなら洗い物やって下さい!」 言葉遣いはあくまでも丁寧だがやや強いト …

事故った時は1748

我が愛車マーチ君がようやく修理から戻って来た。 紆余曲折はあったものの、結果的に …

「123方式」がもし本当に画期的ならばいつかきっと普及するに違いない

「タイ語をカタカナで記述する場合、アクセント(声調)をどーすれば良いか?」。 何 …