P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

毎日毎日なんと平和に過ぎて行くことか

   

「いったいどーしちゃったの?」というくらい雨が降らないパタヤ。

雨季の到来は「予感」のままで一向に本格的になることもなく水不足もいよいよ心配だ。ただ、フツーに日々暮らしている分には昼間「暑いな〜」と感じるだけでまったく平和そのものなのであった。
午後の暑い時間はカフェで読書。その後スーパーマーケットで食料品の買い出し。
Hot coffee

今日読了したのは、先週たまたまバンコクの古本屋さんで見付けて購入し何十年振りかに二度目か三度目に読んだ筒井康隆大先生の本で、メチャメチャオモロくて「クスクス」どころか「アハハハ」と思わず何度も笑ってしまい、店員に「変な人」と白い目で見られているのは間違いない。そんな風に心から笑える小説を筒井作品以外私は知らない。前回読んだのはまだ子供の頃であり、オトナになってから読めば意味もよ〜く分かり本当に面白いのだった。
大いなる助走

かと思えば新聞に乗っていた「BoyzⅡMen」のバンコク公演の広告を見て「おお〜っ!」とビビったり。しかし1500THB〜というチケット価格に速攻で断念。
BOYZ2MEN

近頃は「食」に対する意欲もメッキリ失い、スーパーで買うモノも地味なものばかり。
BigC

買い物

それでもやはり「同じモノなら安い方が良い」とか、サラダバーや総菜など「なるべく早く食べる」といったこだわりはあるし、各スーパーで品揃えや価格が若干違う件もあって現在は四軒のスーパーのいずれかにはほぼ毎日通う。まあよーするにヒマなのだ。
「Big-C」「Big-C EXTRA」「BEST SUPERMARKET」「Tops market」の四店舗で、中でも最近お気に入りなのは某「Tops」である。
TOPS

まず、サラダバーの内容が良い。「20THB/100g」と値上がってしまったが、鮮度、種類共にレヴェルが高い。
サラダバー

そして午後六時辺りから総菜コーナーのセールが始まり、二つまとめてセロテープで巻かれる、つまりは(ほぼ)半額となる。大したモノはないし元々少しお高いが、野菜炒めや魚系などのおかずをたまに購入する。八時になるとフルーツも半額になるがあまり良いモノは残っていない場合が多い。
お値打ちセール

フルーツがお値打ちなのは「Big-C」のパタヤヌア店だろう。ここも夕方辺りからフルーツのセールが徐々に始まり、午後七時にはパック商品がほとんど半額になる。カットしてパックに入れた商品はその日に売り切る必要がある為か。付近に中国人観光客が多くフルーツがよく売れるようなのだ。
あとは、通常の「Big-C」にあって「EXTRA」にないモノ、またはその逆だったり、ナタデココ(タイ産)と一本16THBと他よりも安い某「サントリーウーロン茶(500ml)」のみを「BEST」に買いに行ったりと、とにかく色々大変なのである。いつも購入する商品であれば各スーパーで「何がいくら」かは常に把握しているし、実際問題結構な価格差があるのが面白いというかなかなか興味深い。
ウーロン茶

思えばニッポンに居る時もそーだったなあ。飲食店をやっている時など、スーパーで買い物をするのが楽しくて仕方なかった。
「円安」がかなり進んでいる現状であれば、ニッポンで買った方が安い商品もたくさんあるワケで、同時に両方に行けたらどれだけいいか、とたまに考える。
「どこでもドア」があればいいのに。使い途としてはかなりくだらないとは言え、結構真面目に思うのだった。

最後にもうひとつだけ平和なネタを。

昨日行ったビーチロードsoi3にあるバービア群のトイレが改装されてキレイになっていた。
バービア

トイレ

しかし、よく見ていただきたいのだが男子の小便器は通路というか外から完全に丸見えであり、5THB払う(有料なのだ)のは「アホらしい」と思いつつも我慢できず早速使ってみたら廻りに人が居て結構恥ずかしかった。ある意味「プレイ」と思えなくもないけれど、約20円も支払ってわざわざ味わうあの気分は「如何なものか」と正直思う。

いずれにせよ大勢に影響などないまったく平和な話。

そんな風にして海辺の一日は過ぎて行くのであった。

平和な風景


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

近頃のニッポンにちょっとだけ沸く興味

海外で暮らすようになってから客観的に見られるようになったニッポンという国。 住ん …

塗装代はペンキ一缶当たり865THB+人工(にんく)です

ヤンチャなおじさん達に続き三十才一人旅ニッポン女子のアテンドと怒濤の一週間が過ぎ …

うまく描けない未来予想図と苦労と葡萄の相関関係

怖い。ものすごくコワイのである。 「明日は明日の風が吹く」「人生コレすなわち行き …

ニッポン女子との甘い会話にどれだけ飢えていたことか

やっと主犯タイホしたか。 しかし、タイケーサツのことなので実際どーなのかはよく分 …

ハノイの不便さ加減とヴェトナムガールをディスってみる

ネガティヴな話を書こう。 超ポジティヴシンカーの私の場合、普段ブログなどにストレ …

35年の時を経てまさかまたショップに立つことになろうとは

オラ悟空。 今、沖縄。 皆様大変ご無沙汰しております!諸事情により更新が遅れまし …

ヴェトナムの食生活は本当にニッポン人の口に合うのか

タイ王国に何かがあった時のことを考えて、近隣諸国を訪れる場合基本的にはその地に住 …

パタヤの想い出③:寂しがらない屋が求める相手

人間を大きく二つに分ける場合に「寂しがり屋か否か」というカテゴリーがあって、前者 …

堕ちる一方ではさすがに心が保たないのではなかろうか

「やはり英語か……」 海外で仕事をする場合当然のごとく必 …

完遂することがどれほど大切かとあらためて知る

「ニッポン人のヴィザなし滞在って三十日間だったわよね?」 イミグレのおばちゃん、 …